ウルウルの瞳に乱されない心で挑む|イタチの捕獲は凄腕プロフェッショナルにお任せ

男女

イタチの生態

レディー

害獣と言えば思い浮かべるのはハクビシンやアライグマが多いと言えます。しかしそれらの動物よりも一回りほど小さなイタチは、民家などに侵入して食べ物などを荒らしてしまう害獣です。可愛らしい容姿からは想像出来ないほどにその被害の大きさは計り知れず、捕獲しようとすると噛みついたり、肛門付近の臭腺から悪臭を放ったりして駆除するのも一苦労です。関西を中心に中国地方や中部地方などで目撃例が多く、民家や住宅地でその被害が拡大しています。

イタチはアライグマなどに比べるととても小さな動物です。雑食性であるイタチは元々山に生息する動物だったのですが、最近では食べ物を求めて民家などに侵入して害獣としてのイメージが定着しつつあります。体長は30センチ前後なので捕獲するのも簡単だと思われがちなのですが、その性格はとても獰猛で危険なので、噛みつかれて怪我をする可能性もあります。もし駆除を検討しているのであればすぐに手を出さないようにすることが大切です。

民家に現れて様々な悪さをするイタチですが、その多くは外来種であるチョウセンイタチである事がほとんどです。日本に古くから存在しているニホンイタチよりも数が多くなっていて、生態系を脅かす存在でもあるのです。放っておくとすぐに繁殖して数が増えてしまうので、もし民家などでその姿を見かけた場合には早めに対策を行なうことが重要になります。捕獲するためのサービスを提供している業者があるので、そういった専門家に捕獲を依頼すると良いでしょう。